2018年10月07日

RAGE 十禍絶傑東日本予選れぽなど

どうも僕です。

CA814DD3-DD38-4BCF-BA10-D47C71344361.jpg

出ました。
りせおのイベントより真面目に枚数調整したりいろいろ話したりしてて、やっぱり身近というか、いつでも触れる環境にあるということもあってとっつきやすく、現代っ子的にも紙のゲームより流行るよなぁそりゃ、なんて思ったり思わなかったりしました。



今回はりせおでいつもお世話になっている面々と色々話したりしました。特に"づ"−やんと霧風には感謝。
あるじ一派と調整した時くらいシャドバに力入れてたする気がしました。やっぱ、多人数で意見投げ合うのは良いですね。なんでチーム解散しちゃったんだろな…

今後もりせお民窓として何に使うかはわからんけど残していくと思うので、興味がある方はぜひ言っていただければ。




☆戦績
Day1 4-2
使ったのは後述するロイヤルネクロ

#1 ロイヤル/ウィッチ
ロ-ロ 負け
ネ-ウ 勝ち
ロ-ウ 勝ち

#2 ヴァンパイア/ウィッチ
ネ-ヴ 負け
ネ-ウ 負け

#3 ネクロ/ヴァンパイア
ロ-ヴ 勝ち
ネ-ネ 勝ち

#4 ネクロ/ロイヤル
ロ-ロ 勝ち
ロ-ネ 勝ち
ネ-ネ 勝ち

#5 ドラゴン/ヴァンパイア
ロ-ド 負け
ネ-ヴ 勝ち
ロ-ヴ 勝ち

#6 ドラゴン/ヴァンパイア
ロ-ド 負け
ネ-ヴ 勝ち
ロ-ヴ 負け


☆使ったデッキの話
ロイ/ネクで行きました(二回目
0CA6E94B-0F2C-4FBC-B6AA-01AEC644389D.png134E8F22-9C97-4210-A507-D1D3BC815F3F.png

当初、ヴ二縦構成としてロイ/ネメだったんですがづの箴言によりリーシェナがめっちゃヴに強いわけでもないことが発覚し、また僕が30戦ほど対戦して5回くらいしか4〜5進化できなくてげんなりしてたので結局ミッドレンジ二本になりました。


なので実際のところはヴァンパイア二縦というよりは、自分の使いやすい系のデッキ二本といった感じです。
調整中は、ミッドレンジ二本は
†強者の翼ではない†
ってずっと言ってたんですが、まぁ蓋開けてみればこんなんでした。

言い出したしミッドレンジ二本は…って思って調子のよかったセラフ天狐を使おうとも思ったんですが、まぁヴァンパイア見れるデッキを持っていこうという考えを貫いて、ネクロマンサーを選択しました。信じたデッキが板。


大会開催について、調整時間〜とかそういう点の文句はなくて、僕としては毎回このペースでやってくれていいかなって思いました。
これくらいのほうが焦りもあって程よい緊張感というか、プレッシャーの中でデッキ選択できるかなという感じです。



❦ロイヤル
テンプレ通りのミッドロイヤルです。オクトリス3枚なのはヴァンパイア縦する名残。
特にいうことはありません。誰が使っても同じくらい強いのが強みです。簒奪サイクルは突進の財宝が一番強いと思います。
十禍絶傑で強化されたカードが単純にパワー高く、WLDで抜けたカードが別に対して…という感じなのでまぁパワー高めのグッドスタッフといった感じでした。
最終戦で上から二回蝙蝠されて負けたので、本当に対ヴ二縦に寄せるならダリオの採用も…必要だったのかもしれません。
アグロロイヤルという択もあったっちゃあったんですが気づいたら消えてました。

❦ネクロ
こちらもほぼテンプレのアーカスレスミッドネクロです。
意識している範囲の問題なのでアーカスは不採用。
ロイヤルと同様グッドスタッフ寄りなんですが、先6グレモリーの純粋なクローズ力や、レディグレイやアンドレのおかげで後手を引いてもそこまで苦にならないところはどちらかというとロイヤルより大会向けだったかなと思いました。

対ヴァンパイアでヴィーラ取れない案件を避けるためにオルトロス3投、ミッドレンジ系統相手へのカローンの採用でした。だいたいアーカスを使っていたのでカローン枠などの相談してくれたづに感謝。


❦BO3戦術について
これはあんまり調整では触れなかったですが意識したことなど。
こういうのはチームとか所属してる人の特権感ありますねやっぱ。なんで解散しちゃったんだろな(二回目

以下の三つの理由で
・ワルツのおかげでほとんどのデッキ相手にチャンスを作れる
・ネクロの方が先手後手どちらを引いた時もそれなりのプランがあること
・アーカス不採用という事を早々に知られたくない

基本的にはロイヤル⇒ネクロの順で選出しました。
例外はウィッチが相手にいる時で、その際はロイヤルを後出しにしました。相性的にネクロでウィッチを抜けると考えていたことと、心理的にウィッチで負けたら再度ウィッチを使うよりもう片方を使おう、という気持ちになると考えたからです。
片割れをロイヤルで踏み倒して2縦決めるのが対ウィッチ入りの理想ですね。


………とはいえ、1戦目はテンパってロイヤル先出しにしてしまいましたが。大型大会の舞台、別に不慣れじゃない気はしたんだけどね……


☆おわりに
まだまだJCG World GrandPrixなども控えていますし、ヴに寄り目とはいえ良い環境だと思うので、しっかりちょこちょこやっていきたいですね。なんで解散しちゃったんだろうな(三回目

それではまた。
posted by ひーろ at 17:35 | Comment(0) | シャドバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月30日

リセフェスタ東京(9/30)れぽ

どうも僕です
9F5629C4-4A3F-4835-BCCD-17927AD8A181.jpg


無事参加できたのでリセフェスタ東京のレポートです。

☆戦績
花単使用で
宙○後
やがんさん。手札枯らせてトップから湧かない案件させて勝ち。

アンツィオ高校×先
コウジさん
アンチョビのチーム能力忘れてユースティアが能力言いつつ一方!!!
アンチョビのチーム能力忘れてエレナ一方!!!
おわり!!!

雪単○後
エリザベートが一生8点叩く展開したので勝ち

日単○後
はるくん。ユースティアが間違って一方取られなかったので感謝。

月日×先
先手から有利展開だったけども、ボード作り下手くそだったので硬直してから負け(負け

大学選抜(Gup)×先
エリザベート展開したらエリザベートがいなくなってた(負け



3-3
でした。おつ。


☆使ったデッキ
こちら
7A6352F8-5104-4BD8-AA7C-05C2EFE94B79.jpg

4
ユースティア
伏見
エリザベート(大)
エリザベート(小)
河嶋
西住

3
佐奈
宮國
エレナ
ボレアス
りお

2
天の衣
アスファルト
柚子
ルールメイカー

1
兼元
丸山
バグベア
リラックス
指相撲



☆選択理由など
まぁ先週からさんざん花単について〜をやってたので花単使わない理由はないという感じでした。
前々より、トップメタのデッキを握れば絶対勝てるのに!みたいに言われましたが、僕は日単使うのがありえんほど下手で、花単もステンノエウリュアレ採用型をうまく触れる自信がなく、先日の川崎FC大会でもボロのボロだったので結局メタレースを新たに走り出すデッキを選んでしまいました。
なんというか、性分の問題というか、ひねくれ者感がちょっと出すぎてるような気がしてきたので、第二回名人戦までにはアジャストしていきたい…ですね。

まぁそういうわけで、ウィニー花単してもきついでしょ、と思っていたのでちょっと方向性の違うデッキで臨みました。
今回特に意識したのは日、花、宙に勝つこと。
雪単は先日のより耐性が下がった…ように思います。そもそも僕は雪相手不利だと思っているので、そこは誤差と言ってしまえば誤差な気はします。ボレアスがのぞみされずにいい感じに叩けたら勝てると思います。思いました。。。


目指したところは一列で高打点という感じです。P兼元とかエレシュキガルとか、打点の分配ができるキャラより今回は一列を貫く感じをイメージしています。
先日までの記事で挙げたように、花単はリカバリーが弱く、後手を返す力が他色に比べて乏しいので、リカバリーケアで1体エンドできるようなキャラがほしい、ということと通ってしまえば打点を巻きかえすのが容易なことで今回のカード選択に至りました、という感じです。

アーキタイプ的には花ガウェインと似てるんですが、花単にしたことでちょっとでも事故緩和ができればなぁ、という感じです。ガウェインと制服を買いに行くのが面倒だったというのもあります。





☆今回のキーカードたち
・大人エリザベート
一列でのダメージが高く、エレナ込ならアマテラスを抜けるので今回のエースとして採用です。会長とシナジってるのも良い。
ミラーの中央AF要員の一人。FGO1.0まで回帰した動きですが、西住フォーメーションが完成してしまえば止められ辛く通しやすいのでまぁエースです。イラストはオフィシャルが好き。

・ボレアス

E2B025D3-B0FA-4582-A536-59F0EF7CDAC7.jpg
一列でのダメージが高く、2マナ帯なので最悪雑に相打ちでもいいかと言い聞かせられるので便利かと思いました。会長とシナジってるのも良い。
低投資高打点を狙いにしたため、今回のキーカードです。西住フォーメーションでの中央AF候補でもあります。イラストが好き。KRがほしい。

・りお
毎回毎回採用をためらうんですが、今回は高DMGで、というのがコンセプトかつ後攻捲りに必要なマリー互換なので採用見送る理由もないので採用。普通に使えば通らば4点通らなきゃ2点なのでまぁパワフル。
ミラーの中央AF要員としても、左右AFとしても立ち回れるのでとても便利。イラストはふつう。オフィシャル絵版を出してくれ。

・丸山
ボレアス、エリザベート採用したのでこの手のキャラがほしくなりました。
本来の役割というよりは、Ex1を充てられる点が非常に有用だった場面が印象に残っています。
Ex1を掃いて、いい感じにサポート睨ませてチャンプブロックしていくだけでしたが、そういう意味では強かったです。
同じコスト帯のカードとしての役割的な話をするなら、ユースティアとのシナジーが見込めるのでヘクトールの方が多分強いです。イラストはふつう。


他に新しく採用したカードはないです。


☆おわり
資格試験だったりナナシス4thだったり家の都合だったりと被っているので次のフェスタ東京は微妙で、リセオープン(?)か名人戦くらいまで大会に参加する機会がなくなりそうで、せっかくいいデッキができたのにプレイの点で落としたり色々残念です。

短いですが僕のガルパン環境は終わりですので、RAGE明け次第またVA環境に向けていろいろやっていきたいと思います。
またその時によろしく、ということで



じゃあの

posted by ひーろ at 18:10 | Comment(0) | Lycee Overture | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月26日

りせお 花単の話のつづき

どうも僕です。
BAF59255-D8F0-4890-8570-33C139674889.jpg



本日のカードという恰好の更新名目があるんですが、無事RAGE通ったので、明日からシャドバまみれになる…予定なので昨日の話の続きです。





☆アーキタイプの話
先日も書いたように、Mix花単はグッドスタッフデッキだと僕は思っています。
BC自由のようなデッキ全体を通したゲームプランもなし、神の鞭茉子のような通したらゲームが傾くコンボもないので、そう言っています。
花単に与えられたのは"2マナ帯キャラのコストパフォーマンス"だと思っています。

とはいえ、明確なドローソースも少ないのでどのデッキもグッドスタッフ寄りになりがちですが…


☆ゲームプランの話
前環境に比べればそうでもないですが、それでもりせおというゲーム、先行有利に変わりがないです。
未だに先行勝率55〜60くらいはあるんじゃないでしょうか。

日には真咲、雪には翁、のぞみがいる事に比べ、花単というデッキには後攻のプランがかなり少ないです。
リカバリーという意味だと姫なのですが、これが別にそこまで強くない。
当たり前なんですが花単、他のデッキに比べてこれをしたら後攻でもまぁ捲ったろ!がかなり少ないです。
先述の日、雪で言えば後攻でも真咲ソル華とか、寧々翁、寧々千莉のぞみとかされるとほぼ捲ったかな、と思うんですが
Mix花単でできる後攻の理想の返しっていうのが、1列止めて極力2列通す、という大雑把なものしかありません。

つい最近までは2マナ3点を2体〜3体立てる、がベストスタートだと考えていましたが、後攻捲りを意識した今環境の主流デッキを考えると、先行は1体エンド、ゲームを低速気味にしていく、ということが求められているプランな気もしてきます。

そういう意味だとステンノの採用が本流になっているのも納得できて、1体エンドにぴったりなんですよね。
ステンノ3投とかは別の意図があるんでしょうが…

先行の時にはそれでいいんですが、後攻捲りの話です。
後攻を取った際には姫でキープする、とかはあるあるな話だと思うのですが、それでも2マナ3/3が生まれる程度のレベルです。

ではどういったプランを取るか…になるんですが、先述のようにコンボを狙うようなデッキではないため、守りから入るか攻めから入るか、という点に尽きると思います。

セオリー的には守りを固めてから…なのですが、AFキャラのSPが見込める以上AFから出して、止まり次第SPを睨ませる、というのが王道ですが…それで後攻を捲れるのか、という話です。

じゃあどうするのか…というところですがここで花単のいいところというか、サポートした際DMG+2のキャラ(マリー互換)を採用できるところです。
登場してすぐにダメージへ還元できるため手札効率が良く、DFから固めている際にありがちな、こちらのダメージが細くて負け、をほんのりケアできます。

臨機応変、というと投げやりなのですがDF固めを意識しつつ、サポートしたとき〜系のカードでダメージレースを取り戻していく、というのが後攻の正しい形なのかな、と改めて思います。


それを踏まえると、先日の宮国3はだいぶ…という感じで、だいぶ構築が変わっていくべき、な気がします。

ちょっと言いたいことがまとまらなくなってきたのでプランニングの話はこの辺で。
大体その場その場で強いカード出してれば、くらいでしか考えてなかったのでいざ文字にするとま〜〜〜〜〜難しいですね…


☆おわり
家が近づいてきたのでだいぶ終わり方が雑になりました。
コンボデッキや、やりたいこと通したら勝てるようなデッキと違ってゲームメイクを文字にするのがだいぶ難しいですね。
また機会があればほんのり進められれば…と思います。

結局、昨日今日の話は、花単メインにされている方からしてみたら今更?って感じな話がしてきましたね…


それではまた。



posted by ひーろ at 19:13 | Comment(0) | ひーろぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする