2018年11月05日

りせお ミラーの話(?)

どうも僕です
61DCB622-C0C6-4492-9A6D-070C416072E6.jpg

今回は"あの"Lazyさんからご意見をいただいたので、ミラーについて…というテーマです。
A760358B-76F3-4BC3-99AE-014FEA0060B7.jpg

ただ、僕自身手元にMixデッキが花しかないので、他属性について語るのが非常に微妙なので汎用的な話とかふわふわした話だけに収まりそうです。すまねぇ。

はっきりいっていつも以上にまともな文を書ける気がしないのですが、やっていきましょう。


★各デッキミラー心得
・手札の枚数に注意する
どの色でミラーマッチをしたとしても、相手の手札の枚数には注意したいです。

他の色はともかく、自分の使っている色なら特に手札が○○枚あれば○○ができる、というようにできることは覚えておきたいですね。
今の手札が二枚だからトップ込で千莉のぞみされる可能性がある、みたいな話です。うまい例えができない。


・自分のライフ枚数に注意する
手札枚数の件でもそうですが、相手のデッキから詰め動きで何点飛ばせるか、は自分でも知っている所だと思います。
相手のライフを何点飛ばせるか、以上に自分のデッキのライフに慎重になりましょう。


・キャラの配置を意識する
花ミラーで後攻有利とする理由の一つでもあります。
ミラーということは相手の場に出るキャラや、平均的な数値はこっちも把握している、ということです。
ケアしたいのはSPだったり先置きシステムキャラの配置ですね。
例えばSP2あるアタッカーの前にSP1アタッカーを合わせない、とか
逆も同様で、先手を引いた際極力SPのあるアタッカーは出さないようにする、とかです。まぁそれしかひいてない!って時は往々にしてあるので選択肢があるときには、程度ですね。
先置きシステムキャラについても同様で、主にマシュ、ソル、寧々あたりが先置きしうるキャラでしょうか。
対面キャラを楽にさせやすいカード達なので、ある程度今の手札でケアできる場面…とかを考えて登場したいですね。
ミラーでソル出さないとか寧々DF出し、とかはそういう点をケアした(?)プレイなんじゃないかと思います。正着手かは知りません。


まーーーーーーーーーーじでこれくらいしか言うことがありませんでした、普段は最寄り駅ついたから記事はおわり!がほとんどだったんですが今回は筆の進まなさゆえに以上です。
Lazyさん、大した話ができなくてごめんね。


★昨日の大会れぽ
帰りの電車でうとうとだし帰宅即寝だったのでれぽとか書いてる場合じゃなかったです

秋葉3rd 16名くらい
使ったのは花単

1.bye
2.輪廻転生○後
後攻AF3面に対して、1〜2ターン以内に輪廻転生で返されなかったため手札が潤沢な状態で輪廻転生後を迎えられたので勝ち。受身なマッチングだったので幸い。

3.月単○後
朱音以外AFに立たなかったので苦戦を強いられることなく殴り続けて勝ち。

4.花単×後
相手3面スタートに対してAFキャラ0人で返したので負け。


風子が可愛かったので終わりです。
それではまた。


posted by ひーろ at 21:22 | Comment(0) | Lycee Overture | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月31日

りせお 花が嫌いなあいつらの話

どうも僕です

58ED8B44-7A37-4400-9E14-E0964DFCB544.jpg

話すことがないよ〜〜〜〜〜って言ってたら"あの"ハルさんから話題を提供していただいたので色々思いつくことを書きます。
A44473AD-EB06-4B84-BBC7-601ADD4A7A10.jpg



確かに、最近の記事は花単についてのデッキ内容やプレイ方針指南みたいな話ばかりで、対花の話はしてませんでした。
とはいえ、これされたら嫌だな〜〜〜とか思うことは場面場面ではあるんですが、具体的に示せ!と言われると微妙なので嫌なカード何枚かと嫌なシチュエーション…というかプレイ方針について記載します。
全花プレイヤーの代弁というわけではないので「そんなんきつくないが???」みたいに思う方もいると思います。僕に花を教えてくれ。

逆に他の色メインの方は、そんなん知ってるわ!って感じで読んでいただければ…という感じです。



★やられて嫌なこと
1.AP6を出す
宙相手とかにありがちな奴ですね。
そういう相手に対しては中央西住とかで2列止め…が鉄板に思われるのですが、左右列がAP高いと意外とそうでもないです。
最近はあまり見ませんがジャンヌオルタや、お銀+後ろのSP、などの形でAP6を二面作られると一気に厳しくなります。
VAで渚が来てくれたのである程度は緩和されましたが、西住やユースティアでフォローできるラインがDP5までの場合が多く、DP6になれるのが河嶋、柚子くらいでした。
もちろんそういう時が怖いので天の衣やちはやなんかを採用しているパターンはありますが、AP6ラインを作れば意外と通ってしまうことが多いです。やめて。

2.DP3を出す
これはどのカラーでもできて、結構嫌です。
先日3面出しの話をした際にも書いたのですが、花単では単騎AP4がいません。スカサハ、SP1なので積みたくありません。
もっと言えばブレブレエリちゃんや華さんなど、介護が必要なキャラばかりです。
なので、出せば大体通してくれる、とはいえキャラ出し強要になります。
花単以外のデッキでもそうですが、その場で一番強いカードを選ぶことはできても、長い目で見て一番強いカードはなかなか手札にはいません。
3点通すために適当にキャラを出させて、上から殴れるキャラを合わせてやりましょう。やめて。


3.容赦なく防御される
おりょうとかアンズーとか、実質1ハンドサイクルに容赦なく防御されると実はきつい…というか考えさせられます。
特に華さんなんかだと、受けられると困る場がかなり多いです。やめて。

おりょうサイクルだと、こっちがユースティア(エレナ)を宣言させられて等価、みたいなことになるのが非常に嫌です。
それ以外に、一方落ちになる数字でも、縦横両方サポート強要の場だったり、サポーター強要できる場面だったら著しくテンポが落とされるので防御されたら結構嫌な顔します。やめて。


4.DMG4をいっぱい出す
端的ですが、花はほとんど単騎DMG3なので普通にレースで負けます。やめて。


5.台パン
音が出ると怖いからやめて。


汎用的なプレイの範囲でぱっと思いつくのはこんな感じでしょうか。
ここからは限定的ですが、使われて嫌というかふつうに嫌いなカードを挙げます。

★嫌いな人
1.山の翁
著しくテンポを奪ってくるので嫌いです。
うまく返しや先2ターンくらいでDP5が作れればいいんですが、そこに除去あてられると破産します。
相手のAFに2体以上キャラがいるときに出されたら概ねきついです。減らしてください。

2.小山柚子(宙)
先述のAP6(実質)ラインをかなり作りやすくされる上、本体がAP1あるので大体の場合でユースティア強要です。やめて。
連行されるより柚子出されるほうがきついので抜いてください。

3.前泊
ブレブレエリちゃんとちびくんと華さんが出すだけで死にます。
大抵のキャラにハンド強要か2面サポート強要まで行かせられるので本当に厳しいです。VA雪すら抜いてほしいと思う。

4.乙坂由宇
VA月に限ってですが…
ブレブレエリちゃんや華さんがかわいそう。


時間が迫ってきたので以上です。
というか別段、これだけはやめてくれ〜ってカードもそんなになかったです(?)

あまり参考になることも多くはないとは思いますが、対花攻略の手がかりになれば幸いです。


それではまた。







posted by ひーろ at 19:45 | Comment(0) | Lycee Overture | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月26日

りせお また花単の話

どうも僕です

AC0C416F-0E24-4284-85B5-2F8C5EBE304C.jpg

さて、タイトルの通りです。
今日はMix花単におけるAF3体エンドの是非について語ります。
★話題のきっかけ
先日のリセフェスタ東京4回戦、有名ブロガーの若MENさんが相手でした。
花ミラーで後手を引いた上、相手はクドリャフカを含むスタート…だったのですが、後手1ターン目の時点でおおむねこちらが有利、と感じていました。
それは

相手がAF3体エンドしてくれたから

に尽きます。

相手のプレイミスもありそのゲームはきっちり勝てましたが、その後リセ界の百式ことフレイメル氏と花単の初手近辺についての話が出来て、珍しく(?)真面目に熱く語ってしまったのでここにも記したいと感じたのがきっかけです。
まぁそれもお昼に若MENさんとリプライ交わして思い出したのがすべてです。

あとはろぐひーのネタがないので誰かネタ振りをください。今なら大体自分の言葉で記事にします。


★3体エンドの定義について
定義といってもあれですが…
この記事上で言う"AF3体エンド"はいわゆる2ハンド3点をAFに3体並べて先行ターンエンドすることを定義とします。
この時「伏見真姫奈」を含む3体(おそらく何か、会長、伏見でしょう)は含まないものとします。
先手伏見はそれだけで敗着足りうる行為だと思っているので、是非を問う以前の話です。
会長伏見クドエンドするなら会長クドエンドにしましょう。これはほんとに。

それについても今度記事にしましょう(思い付き)


★メリットデメリット
さて、なぜ3体エンドしてくれて嬉しかったか、の前にメリットデメリットを記載していきます。

〇メリット
・先に3体で攻撃できる(打点9先行できる)
・相手に場の処理から動くことを強いられる
・強いたうえで、ユースティアや小鳥などの裏目が多いうえ、最悪手数勝負に挑める
・AF札を控えておかなくていいので、残す手札の指針が立てやすい

〇デメリット
・手札を二枚しか残せない
・二枚しかないので残すカード次第では裏目が対応しづらい
・単騎スペックは低いのでなんだかんだ対応されやすい
・マリー互換のカードを採用する意味とは?となる
・カラーリング次第では即敗着がありうる

こうやって見るとメリットのほうが多そうに見えなくはないですが…
ミラーで3体エンドされた際に苦にならないのは、二枚しか残せないこと、対応されやすいことに尽きます。

★各マッチングから見た3体エンドの是非
環境も始まったばっかですが。対面はほとんどの場合見えていないと思うので結果論になってしまうのはご容赦。
・対宙
概ねなし。
こちらが止める側に手札を割きたいというのと、智代茉子沙耶とか返しにやられたら目も当てられないので…

・対日
あり寄りのなし。
大きな裏目はないのですが、3/0より宮国のほうが有用、となる場面が多い相手なので正解!とは言いづらいでしょう。
また、AF紬にしたほうが対処しやすい時もままあるのでそういったこちら側の動きが狭くなるのもデメリットかもしれません。
ただ、9点先行から動けるうま味はある色なので、否定もしきれないですね。

・対雪
あり。
翁に対して宮国、ユースティア、エレナなどでおおむね5ハンド要求されてしまうのでそこの窮屈さはデメリットになるかもしれませんが、二体→翁→返し攻撃できない、は最悪のパターンなので。
3体エンドが肯定される数少ない相手だと思います。
また、VA雪相手だったら翁ルートも存在しないため、基本的に裏目が少ないのでありでしょう。


・花単ミラー
概ねなし。
後述します。

・リーダーがあるデッキ
あり。
昨今よく見るのはガウェイン、マーリン、理樹くんでしょうか。
ガウェインマーリンについては打点レースで負けるとしょっぱいので、理樹については固まってしまったらなすすべがないので、という理由でどちらもありだと考えています。
こいつらは対面した瞬間3体エンドを決意してもいいでしょう。

・対月
なし。
Mixだと酒呑朱音に飼い殺されてしまうので、U姫や会長の居場所を作るために1面は開けておきたいです。会長込3面なら最悪の最悪は免れますが、それでも厳しめです。
VA月も同様で、能力を失ったとしても安定して4/3で殴れる姫のために場所を開けておきたいです。

・輪廻転生デッキ、August雪

142F38FD-7540-4482-90FA-78C56C023896.jpg


★花単ミラーの話
なぜミラーでの3体エンドが悪手かという話です。
主に以下の点が挙げられます
・1人に対して1人で止めやすい
・宮国(マリー互換)がゲームのカギを握る

前者ですが、自力でほぼノーリスクにAP4を作れるのはスカサハくらいです。
スカサハの採用率も少ない今、実質的に1人はAP3が最大です。
それに対して、花単は0/3、1/3大国なので止められるキャラが非常に多い。
3体エンドに対して河嶋、ユースティア、渚、なんて出し方したらたちまち一列しか殴れない、という状況になりがちです。
それに加えてこちらのAF一人はほぼほぼ通せる状況を作れるため、ダメージ等価なうえ、こちらが先に手札の余裕ができるゲームになりがちです。

また、後者について。
花単ミラーでありがちなのが、お互い中央AFだけ通るゲームになる、ということです。
意識すればそうでもないのですが、相手の攻撃を止めることから考えるとだいたいこうなります。
なので古くはパワフルガールの頃から、中央に高打点、という意識が花ユーザには根付いている(かもしれません。)

ですので、左右宮国という配置をかなり意識するなら先手3面をすると、どこかで"宮国のために相打ち(一方ダウン)をしなくてはならない"となってしまいがちです。
3面展開で一生通り続けてしまうゲームもまぁ無きにしも非ずですが…

それらの理由から自分は3面スタートは裏目を引きやすく、また相手にゲームの主導権を握られがちになるのであんまりしたくないよな〜〜〜〜と思っています。
また、されたときにちゃんと河嶋などキーカードを持っていれば、勝ちを意識し始めます。


★おわりに
花単での3体エンドの話でした。
場の返し方(ボーディング)や初手真姫奈敗北理論などいろいろ話すべきことが思いついたのは僥倖ですね(?)

最近真面目な話ばっかしてる気がするので適当な話も織りマゼルベインのほうが気楽な気がしたりしなかったりします。
普段が不真面目なのでちょうどいいのかもしれませんが…


それではまた。

posted by ひーろ at 18:55 | Comment(0) | ひーろぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする