2018年05月06日

シャドバフェス!アンリミテッド大会 れぽ

どうも僕です
A7512C2F-0B19-40EC-989F-86AAA376078E.jpg

参加しました。RAGEには縁がなく一度抜けた以来参加もできていません。月と太陽のRAGEも落ちましたので今環境最初で最後のオフライン大会な予感がします。

先日上位入賞出来たおかげか、シャドバ勢の方からいっぱいTwitterフォローいただけました。
オタクカードゲーマーの拙い文章ですが少しでも楽しんでいただければ何よりと思います。




使ったデッキはいつも通りの超越とエリカ。
エイラを使うぞ!みたいな勢いが先月はありましたが使ってません。理由は追々。

B896A5C4-EBBA-4AB5-B213-A48DB53D4702.png
2811EB1B-4F3F-4A04-A098-A6700B5E143B.png



超越は今思えば丸く取りすぎたのかもしれませんね。
何にでも相手が事故れば勝ち、を意識した構築です。
見切れてるのはキマイラ3ギガントキマイラ1次元の超越3です。
環境的にドロシーにしろ超越にしろ、BO3でウイッチを使わない理由はほぼないと思うので大体相方探しですね。

超越かドロシーかの択ですが、リアニネクロを意識したコントロール系の5ターン目の択がドロシー相手に響き、4ターン目ドロシーか5ターン目ドロシー込み4〜5体展開できないと微妙か、と感じたため超越を選択しました。
9FB1F098-0CC8-466F-A9EF-1080270B2DA9.png
某withさんより。
明確に×ってなってるデッキ多いのに良くTier1って言えるよなぁ!って感じがしました(




アンリミテッド環境、やりたいことを通す!みたいな環境だと思っていて、リアニネクロやオタクエルフをはじめとしたコンボを握るか、エルフ、ヴァンパイヤなどアグロを握るかロイヤル、ビショなどのコントロールを握るか、になると思います。


今回僕がBO3の2本目として選んだのはコントロールでした。
最後までエイラと悩んだのは以下のカードの存在。
A1C61185-C53B-4084-AF84-C39D5ADA8551.jpg

ロイヤルの<不滅の英雄 ローラン>(聖剣デュランダル)
9BC6A3F4-E635-4675-A406-85E29323571A.jpg

同様、ルールブレイカー的な効果を有するカードです。

登場することでビューティ&ビースト(アンリエット含め)、リノセウス、ギガントキマイラ、デスタイラント、ヘブンリーイージス相手への耐性が一気に上がるため、ローランかブローディアのどちらかは採用できるリーダーを選ぼう、と考えました。


ランクマッチでは大いにお世話になったエイラですが、スノーホワイト→エイラと繋げられなかった時のエイラ着地による隙が大きすぎる、と感じたためスイスドロー6戦全勝には向かないのでは?と薄々感じたためロイヤルです(終わり


レーティングやJCGからは長い間離れている都合、BO3戦術では一日の長的な部分で他者には勝てないと思っていたので選出はほぼ決め打ちで以下のような感じ
・ネメシス、エルフ、ヴァンパイアはアグロしか居ない(極論)(エルフはアグロというかオタク)
・アグロカラーのリーダー二本の場合はロイヤル→ウィッチ。
勝率が高そうな方を先に投げて超越の試行回数を増やす……増やしたい。
・アグロカラーのリーダーが一本ならウイッチ→ロイヤル。
・よっぽど相性差を感じるマッチ以外は負けても同じデッキ続投。

こういうところ、調整とかあるからシャドバチーム組んでる人がやっぱり羨ましくなるよねって話。


大会れぽ。
以下、対戦相手の組み合わせ(エルフ/ネクロのような書き方)
自分のデッキー相手のデッキ
で記載していきます。


Day1

一回戦
教会ビショ/ネクロ
○超越-教会×
後攻
○ロ-教会×
後攻



二回戦
オタクエルフ/超越
○超越-超越×
後攻
○ロ-オタク×
後攻

三回戦
オタクドラゴン/ドロシー
×超越-オタドラ○
後攻
○ロ-ドロシー×
後攻
○超越-ドロシー×
後攻


4回戦
ドロシー/オタエルフ
○超越-ドロシー×
後攻
○ロイヤル-オタエル×
後攻


5回戦
ミッドネクロ/ドロシー
○超越-ドロシー×
後攻
○ロイヤル-ミッドネクロ×
先行

6回戦
昆布/ドラゴン
○超越-昆布×
後攻
○ロイヤル-昆布×
後攻


6勝0敗でDay1 スイスドロー3位で突破でした。


という感じで、予選13戦中12回後攻というやばさ。
振り分け50%は嘘だ……

超越は対アグロ、ミラー以外は後手の方が有利なので概ね文句無しなのですが、ロイヤルについては<刃ネズミ>などの存在から先手を取りたかったですね。
ロイヤルを握った試合はエルフ相手の試合はどの試合も<フェアリーサークル><フェアリー>二体<エンシェントエルフ>されたのでなおのこと先手が欲しかったです。


Day2

3位なので1回戦シード
2回戦
アグロロイヤル/ドロシー
×超越-ロイヤル○
後攻

相手3枚マリガンからヴァンガ、パレス、ジュリエット、ヴァンガヴァンガセリアで後手4に進化できるフォロワーがいなかったのでリタ

○ロイヤル-ドロシー×
先手

45ドロシーされたのに勝つからコントロールロイヤルは神

×超越-ドロシー○
後攻
567ドロシーで負け(負け

でトーナメントなのでおしまい。

相手がシャドバ上手って感じだったので特に言うことはありません。


大会を通してロイヤルが7-0、超越が6-3でした。
超越については尖らせた方が良かった、という後悔は微妙にありますがロイヤルの満足度はかなり高かったと思います。


大会を通してデュランダルが犯罪的に強かったのでローランは3でもいいかもしれないと感じがします。
シャドバで一番好きなカードだったローランが大活躍で僕は嬉しい。


シャドバ楽しい!って感じる2日間だったので、オンオフ問わず大会参加が積極的になるきっかけの一つになれば自分の今後にもつながってgood、とか思いました。



おわりです。
かなしぃはかわいいなぁ!!!



posted by ひーろ at 15:12 | Comment(0) | シャドバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

シャドバフェス! アンリミテッド大会 Day1

どうも僕です。
3EDF2135-32A9-4CFB-ABB7-298337D5DB1C.jpg

ぶっちゃけ負ける前提でラウンド間にめっちゃ文章書いてたんですが、勝ってしまったので簡易。
明日もあるから応援してね(?)


アンリミテッドのBO3をスイスドロー6回戦
使ったのはウィッチロイヤルでウィッチが6-1、ロイヤルが6-0でした

成績はスイスドロー6勝0敗でトーナメント3位
849574AB-774A-4700-9CDB-C63101DC4C7B.jpg
かなしぃありがとう!!!

レシピ回収されたから今晩中に晒されると思ってリーダーは記載しましたけど…わかりませんね。
どうせリーダーなんて対面すればわかるし何が対面来ても選出は変わらないのでそこまで重要ではない説はありますね。



大会というか、シャドバフェスを通して


対戦は毎試合比較的早く終わってたので、プロリーグの開幕戦を見てましたがシャドバのesportsらしさというか、そういうところを感じました。
カードについてそこそこ知ってる人が、選手のドローやプレイ一挙動挙動に湧き上がる、競技としての面はかなり完成されたものだったんじゃないでしょうか。

プロはかっこいい、憧れ、という感覚を改めて思いました。
特にあるじさんなんかは、リセTCGなどで共に調整などしていた都合、三枚目キャラな所が先入観として出てしまっていましたが、ふつうにプロ選手としてかっこいい、と思いました。



あと、毎試合のレポとかしっかり書いたのは明日にあげます……今日にあげる予定だったので支離滅裂だったり時系列がおかしかったりするのは許してください。



じゃあの。


posted by ひーろ at 19:50 | Comment(0) | シャドバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

リセフェスタ東京@4/29れぽ

どうも僕です
12CC56C1-333D-47F3-B07D-EBE2AA0E4388.jpg


とりあえず結果
使ったデッキは月単(オーガスト単)
※以降オーガスト単デッキは八月○○と呼びます


八月日単×後
フィーナ不在。
1列だけしか通らないボードメイクはできてるものの、一列が毎ターン5点入れてきていなしきれずに押し切られて負け。

宙単×後
グラムオルタ強すぎワロタオルタ
コンバットトリックで一方のシーンを作って、勝ったか!?って期待したらもちひつじで軽くいなされて負け。


という事で0-2ドロップ

シングル

同じデッキで
メーカー
八月花×後
八月月○先
大学選抜○後
八月花○後
神姫日○先

終わりです
オーガスト二位(多分)でした。結果は見てません。



☆八月月を握った理由
使うに至った理由は簡単に言うとリセットカラー以外にほぼほぼ有利がつくと踏んだからです。

環境読みとして、苦手な輪廻転生、八月雪は新弾直後で絶対数の多いであろう八月日、Mix日に駆逐されるだろう。
三回戦以降はリセットに怯えず八月月の出せる全てを出せば優勝は近い。
そう踏んでいたからです。
ただ、僕は前日調整で八月月は一回も握ってないし当日まで壁打ちの一度もしていませんでした。まぁ負けるよねと言う感じです




☆八月月というデッキ
昨日一日を通して思ったことを書いていきます。
一言でいうと、プレイングデッキです。
これは他のデッキはプレイングスキルを要さないという意味ではなく、脳死三面攻撃エンドで勝てるデッキではない、という事を言っています。


本線はクロックパーミッションの様な動きをイメージしており、基本的に5〜6点を通しつつ相手の攻撃は時空、フランチェスカ聖女でいなし続けてなんとかする、をイメージしています。
りせおというゲームで考えれば結構なコントロールデッキに位置する、でしょう。

複線として用意しているのはフランチェスカ聖女メルトで無限に回復を繰り返し、ドローだけでライフを詰めていくゲームに持ち込むプラン。
前日のリセフェスタでミサキーが相手のライフ32枚から複線で勝ったり、自分もシングル戦で29枚からプラン移行してこちらはドローゴーのみで勝利、というゲームがあった様に
デッキ枚数半分くらいから取れるプランとしてかなり優秀です。
また、コントロールユーザーとしてはドローゴーを強要する、というのは気分の良いゲームになる事待った無し、という感じです(?)

ST含めフィーナが8積みされている様に、序中盤のフィーナ依存度はかなり高く、フィーナ+時空転移、フランチェスカ、真帆などでテンポ+手札アドバンテージを取っていくのが本線複線含め、デッキとしてゲームを成り立たせるポイントだと思っています。

まぁデッキの細かい解説はまたいずれ。



という事で八月の月カードのKRを募集します。
募集されている方も多いのでだいぶ枯れ気味かとは思いますが……


以上、また会いましょう、マタアイマショウ

posted by ひーろ at 10:11 | Comment(0) | Lycee Overture | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする