2019年07月20日

RAGE shadowverse 2019Autumn れぽ

どうも僕です。
C4291B5A-64F5-4A13-B78A-460DABF7041F.jpg

今回も無事当選だったので参加ささていただきました。
毎回人数が増える中、運営の方はおつかれさまです。

さて、今回はヴァンパイア、エイラ環境と言われる中ですが僕が使ったデッキは以下二つ
3A672024-EC08-4593-9A0F-9018C7000163.png

デッキの中身は概ねテンプレなのでアーキタイプを選んだ理由を
・機械復讐ヴァンパイア
8B76F2CD-0E7C-4780-BA1E-8D68FDF1B2C7.png
<アザゼル>のリーダー効果が今期どの対面にも強く、<カラミティブリンガー><悪逆の公爵 ユリウス>等今環境屈指の理不尽カードを含むデッキということで、運が物を言うところもあるRAGE Day1でこのデッキを使わないわけがない、ということでヴァンパイアをBO3に含めるのは新弾当初から確定でした。
ヴァンパイアの中でも復讐、機械、機械復讐、機械進化と様々なタイプがある中で機械復讐を選んだ理由は、まずはエイラビショップに負けないため機械(復讐要素なし)は採用できず。復讐を絡まないデッキは選択肢からまず落ちました。

復讐ヴァンパイアのテンプレに近いデッキが、復讐に入るルートとして<ライカンベルセルク>を採用していた型が多く、その手のデッキはいまいち信用ならず、復讐に入れた後も<レイジコマンダー ラウラ>等シナジーの多いデッキの中で、それ以上に事故要素を増やすのも…となり、ドロソの多さに物を言わせつつ<カラミティブリンガー>をパなせる機械復讐ヴァンパイアを選択、という感じ…です。
強い理由ではないですが、ドロソを数積めて確定除去も疾走もある、とまぁグッドスタッフ要素の強さに惹かれたというのが一番の理由だと思います。


・ソロモンウィッチ
2D765EEA-085F-4342-82B0-E23C59CE7765.png
アンのスキンが使いたいのでウィッチの中で一番強そうなデッキを選びました。おわり。



・エイラを選ばなかった理由
エイラビショ、正直言って環境トップの強さだと思っています。
それを選ばずウィッチヴァンパイアにした理由は、調整のフェーズで<エンジェルシュート>を枚数採用している方とばっかり調整を行っており、食らった後のエイラビショの線の細さにいまいちぐんにょり感を覚えたからです。以上。



毎回言ってることですが、自分はシャドウバースというゲームの中ではまだまだ有象無象寄りだということを刻んで大会シーンに臨むべき、という気持ちが足りないんだよなぁと感じます。
そろそろ一度気持ちを改めて挑む機会が欲しいですが…なかなか気持ちの面を是正するのは難しいですね。


負けてしまったので明日はWSのイベントに向かう予定です。
WSでは本当の本当に有象無象なので、そういう感を胸に刻む機会にできれば良いですね(?)



それでは今後ともひーろぐをよろしく!



posted by ひーろ at 22:29 | Comment(0) | シャドバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: